​創作芸団REQUIOS/レキオス

 沖縄県本島北部を拠点とし、沖縄の伝統芸能であるエイサー、獅子舞を、新たなスタイルでダイナミックにアレンジした舞台公演を繰り広げる芸能団体。

1998年9月、主宰照屋忠敏(てるや ただとし)が男子会員のみで結成。後にオキナワン・プログレッシブサウンドを代表する日出克(ひでかつ)が音楽プロデューサーとして加わり、以来、エイサーのリズムに沖縄の民俗音楽を取り入れたパワフルで斬新な舞台を各地の公演、イベントなどで、繰り広げている。

また、学校公演なども自主主催し、保育園や学校等においてはエイサーや獅子舞の指導を行うなど、青少年の健全な育成と創作芸能の発展をめざした活動を続けている。

〜REQUIOSの由来​〜

ポルトガル語で「琉球人」の意。大交易時代(14世紀末~16世紀半ば)にポルトガル人が琉球の人を、友好的で武器をもたず平和を愛する人たちと評し、「REQUIOS」と呼んだことに由来する。

maxresdefault-2-1.jpg
Unknown.png
83960.png
13.LINE_.png
Unknown.png

↓↓↓クリック↓↓↓

a4_chirashi_tate [日本博].png

↑↑↑クリック↑↑↑

click

黒潮が結ぶ宴

  歌舞の鼓魂

2020年3月6日(金)

会場:神戸市 神戸文化大ホール

時間:18:30開場 19:30開演

入場料:一律 前売券3,500円

       当日券4,000円

この度、国内において新型コロナウイルス感染者が複数確認されております。

2020年3月6日(金)に開催を予定いたしておりました日本博イノベーション型プロジェクト「〜黒潮が結ぶ宴〜歌舞の鼓魂」神戸公演開催について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、誠に勝手ながら公演開催を中止させていただくこととなりました。
ご来場をご検討いただいた皆様には大変なご迷惑をおかけする事となりますが、何卒ご理解、ご協力のほど宜しくお願いいたします。

​ 神戸公演 中止 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now